サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
仍在胡適的延長綫上—有關中國學界中古禪史研究之反思
著者 葛兆光 (著)=Ge, Zhao-guang (au.)
掲載誌 嶺南學報 (復刊)=Lingnan Journal of Chinese Studies (reissue)
巻号v.7
出版年月日2017.05.01
ページ3 - 32
出版者嶺南大學中文系
出版サイト https://www.ln.edu.hk/chi/
出版地Hong Kong [香港]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード胡適; 禪宗史; 歷史學與文獻學結合; 日本學界有關禪宗史研究; 歐美學界有關禪宗史研究; 後現代歷史方法
抄録本文從1980年代以來中國大陸對於禪宗研究狀況的討論開始,探討在當時“文化熱”背景下禪宗研究存在的問題與方法,並且介紹迄今爲止中國大陸的禪宗研究狀況。試圖指出,1920-1930年代,胡適開創了中國學界禪宗研究的現代典範,他大力提倡並且身體力行的歷史學與文獻學結合的方法,至今仍是中國學界在禪宗尤其是禪宗史研究領域最擅長、最有希望也是最有成績的。本文在簡單介紹了日本與歐美禪宗史研究界的各種現狀,並與中國對比之後,强調中國學界關於禪宗尤其是禪宗史研究,至今仍在胡適當年的延長綫上,歷史學與文獻學結合,至今仍是應當努力的方法。
目次摘要 3
引子:從高行健說到八十年代禪文化熱 3
一、1980年代中國禪宗研究的政治與文化背景 5
二、胡適的意義:中國禪的基本問題與近百年來中國的禪宗史研究之狀況 8
三、與日本與歐美相比:什麼是中國學者有關禪宗史研究的特色 19
四、當代新方法潮流中:胡適的禪宗史研究方法過時了嗎 26
結語:在胡適的延長線上繼續開拓 30
ISSN15625915 (P); 27884376 (E)
ヒット数1
作成日2022.11.07
更新日期2022.11.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
654753

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ