サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
唐代敦煌漢文景教寫經研究
著者 王蘭平 (著)
出版年月日2006
ページ179
出版者蘭州大學
出版サイト https://www.lzu.edu.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類博碩士論文=Thesis and Dissertation
言語中文=Chinese
学位博士
学校蘭州大學
学部・学科名敦煌學研究所
指導教官鄭炳林
卒業年2006
抄録景教是唐代對基督教聶斯托裏派(Nestorianism)的稱呼,西方通稱爲敍利亞教會或波斯教會,635年由波斯經中亞傳入中國內地,經過長達二百多年的傳教活動,845年受唐武宗滅佛牽連,由盛而衰,在中國內地趨於消亡。長期以來中外學者在唐代景教研究上一直給予較多的關注,但以往的研究更多的是著重于1623年西安出土的《大秦景教流行中國碑》,而對20世紀初發現于敦煌的唐代漢文景教寫經研究則不夠深入、系統和全面。本學位論文研究的主要內容是對六部唐代敦煌漢文景教經典進行綜合研究,希望爲學界提供一個完整的錄文本和詳細注釋。
具體是對敦煌發現的《序聽迷詩所經》、《一神論》(含《喻第二》、《一神論第一》、《世尊佈施論第三》)、《志玄安樂經》、《大秦景教宣元本經》、《大秦景教三威蒙度贊》、《尊經》等景教寫經進行以下研究:(1)經題譯釋;(2)時代及作者考證;(3)神學思想內容分析;(4)經文錄文與注釋。研究的重點、難點是對敦煌景教寫經的贋品問題進一步探討。
ヒット数67
作成日2022.11.11
更新日期2022.11.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
655468

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ