サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
盛唐長安與敦煌——從俄藏〈開元廿九年(741)授戒牒〉談起
著者 榮新江 (著)
掲載誌 浙江大學學報(人文社會科學版)=Journal of Zhejiang University (Humanities and Social Sciences)
巻号v.3
出版年月日2007.05.10
ページ15 - 25
出版者浙江大學
出版サイト http://www.zju.edu.cn/
出版地杭州, 中國 [Hangzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード盛唐=the High Tang; 長安=Chang’an; 敦煌=Dunhuang; 戒牒=buddhist certificate
抄録大安國寺由玄宗的父親睿宗舍宅而立,在開元時期(713—741)匯集了各種學派的僧侶,成為長安最為重要的皇家寺院。俄藏《開元廿九年(741)授戒牒》表明,開元二十九年二月,大安國寺僧人釋道建曾經受命來沙州主持授戒儀式,并宣講唐玄宗剛剛編纂完畢的《御注金剛經》以及《法華經》、《梵網經》。此舉為長安佛教與敦煌佛教之間搭建起一座橋梁,通過兩地的聯系,長安新的佛典、畫樣、藝文等都傳入敦煌,給敦煌佛教文化增添了光彩。這件文書也為我們探討長安與敦煌的關系問題留下了更多想象的空間。

This article uncovers the Buddhist cultural relations between Chang’an and Dunhuang in the High Tang Era through the study of a Dunhuang document preserved in the Russian Collections. The Da Anguo Si (Great Anguo Monastery) was once the residence of Prince Anguo Xiangwang (later Ruizong Emperor), who gave up the purple to his son Xunzong in 712 A.D. During the Kaiyuan Era (713-741), The Great Anguo Monastery accommodated every kind of Buddhist scholars and thus became one of the most important royal monasteries. This certificate shows that Daojian, a monk from the Great Anguo Monastery, was authorized to preside over the ritual held in Shazhou (Dunhuang) in 741. At the same time, he preached the imperial commentary on the Diamond Sutra, and the Lotus Sutra as well as the Fanwangjing (Brahmajāla-sūtra). This indicates that a culture bridge was set up between Chang’an and Dunhuang, through which the newly published sutra, paintings, and articles could transported to the border city.
ISSN1008942X (P)
ヒット数25
作成日2022.11.21
更新日期2022.11.21



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
656312

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ