サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
鑑真渡日と唐代道教=Jianzhen’s Arrival in Japan and Tang Era’s Taoism
著者 王勇 (著)
掲載誌 東アジア文化交渉研究=Journal of East Asian cultural interaction studies
巻号v.1
出版年月日2008.03.31
ページ105 - 112
出版者関西大学文化交渉学教育研究拠点
出版地吹田, 日本 [Suita, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード鑑真; 遣唐使; 道教; 井真成; 吉備真備; 泰山府君
抄録There are already many researches about Jianzhen’s arrival in Japan. Therefore, this paper described his motives for going to Japan as being related to Taoism in the Tang era. Early return of Japanese dispatched priests and Jianzhen and the others’ obsessive passion for going to Japan is due to the Chinese circumstances which prosperity of Taoism reached its peak in the period of Xuanzong, and as well as Japanese circumstances, “Japanese emperor did not worship principles of Taoist priest”. There were no evidence that Tang era’s Taoism were taken into Japan, as a religious community which had facilities, officers, and organizations; however, Taoism among the Tang cultural things which are mixed into rituals, folk beliefs, and annual events would be brought to Japan by various routes in the era of Japanese envoy to the Tang Dynasty.
ISSN18827748 (P)
ヒット数78
作成日2022.12.27
更新日期2022.12.27



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
660594

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ