サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
鑑真東渡動機諸說批判——剖析日本學者的幾種觀點
著者 王勇 (著)
掲載誌 揚州大學學報 (人文社會科學版)=Journal of Yangzhou University (Humanities and Social Sciences Edition)
巻号v.13 n.4
出版年月日2009.07
ページ43 - 48
出版者揚州大學學報編輯部
出版サイト http://www.yzu.edu.cn/index.htm
出版地揚州, 中國 [Yangchou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード鑑真東渡; 遣唐使; 聖德太子; 《唐大和上東征傳》; 《延歷僧錄》
抄録唐代鑑真東渡日本的事蹟,可謂眾所周知;渡海期間飽受千辛萬苦的經歷,大概也為世人熟知。然而,有關鑑真遠赴日本的真實動機,國內學者很少有人論述,國外學者提出的觀點則難以令人首肯。日本學者有幾種具有代表性的觀點,如立足於日本史而倡導的"留學僧慫恿說"和"聖德太子敬慕說",著眼於中國的政治形勢和社會背景而臆造出的"鑑真間諜說"以及"鑑真亡命說"等,應對此進行剖析和批判,以在此基礎上提出中國學者獨立思考而得出的結論。
目次一、引言 43
二、“留学僧怂恿说” 44
三、“圣德太子敬慕说” 45
四、“鉴真间谍说” 46
五、“鉴真亡命说” 47
六、结语 48
ISSN10077030 (P)
DOI10.19411/j.cnki.1007-7030.2009.04.007
ヒット数100
作成日2022.12.28
更新日期2022.12.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
660701

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ