サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
地論宗南道派の仏性説=The Buddha-Nature Theory of the Nandao Sect of the Dilun School
著者 張文良 (著)=Zhang, Wen-liang (au.)
掲載誌 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
巻号v.70 n.1 (總號=n.155)
出版年月日2021.12.20
ページ44 - 50
出版者日本印度学仏教学会
出版サイト http://www.jaibs.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード『涅槃経疏』(擬題); 仏性; 地論宗
抄録The tentatively titled Commentary on the Nirvāṇa Sūtra (Niepan jing shu涅槃経疏) preserved in the Beijing Library北京図書館 is attributed to the Nandao sect 南道派of the Dilun school 地論宗 chiefly on the basis of its tenet classification system 教判 and its theory of co-arising of the Pure Dharma 浄法縁起. In the Commentary on the Nirvāṇa Sūtra, the Nirvāṇa Sūtra is classified as a gradual teaching 漸教, since the Buddha-nature does not manifest instantly but emerges gradually under Buddhist practice. That is to say, Dharma-nature inherently exists本有 as essence體, and to acquire the Buddha-nature, which is equivalently essence and function體用一如, practice is essential. In this way, the Commentary on the Nirvāṇa Sūtra suggests that the Buddha-nature is initially possessed始有. When illustrating the Buddha-nature, the Commentary on the Nirvāṇa Sūtra exceeds the traditional theories of future constant 當常―present constant現常, and inherent possession本有―initial possession始有, and tries to comprehend the Buddha-nature in a dynamic way along with the practice process.
目次はじめに 44
一 地論宗文献の属性 44
二 教判説と仏性 45
三 仏性は本有であるか当有であるか 47
結論 49
ISSN00194344 (P); 18840051 (E)
DOIhttps://doi.org/10.4259/ibk.70.1_44
ヒット数309
作成日2023.01.04
更新日期2023.01.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
661351

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ