サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
莫高窟早期忍冬紋樣的源流=The Origins of the Honeysuckle Patterns in Early Mogao Caves
著者 趙聲良 (著)=Zhao, Sheng-liang (au.) ; 張春佳 (著)
掲載誌 敦煌研究=Dunhuang Research
巻号n.1 (總號=n.191)
出版年月日2022
ページ49 - 62
出版者敦煌研究編輯部
出版サイト http://www.dha.ac.cn/
出版地蘭州, 中國 [Lanzhou, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート敦煌研究院
キーワード莫高窟=Mogao Grottoes; 忍冬紋=honeysuckle pattern; 印度=India; 希臘=Greece; 犍陀羅=Gandhara
抄録針對莫高窟早期忍冬紋的樣式,通過兩條線索來追溯其源流:一是來自西方的影響,包括古代兩河流域、古希臘、犍陀羅傳來的藝術樣式;二是先秦兩漢以來的中國傳統造型藝術及南北朝時期來自中原的新藝術風格。通過忍冬紋樣式的不同類型不同時期的演變,可以看出西方與東方兩個方面的影響,從而反映出敦煌藝術在不同文化、不同審美意識發展交融中形成的豐富藝術特色。

This paper traces the origins of the decorative honeysuckle patterns in early Mogao caves along two lines of
investigation. The first traces the Western influences evident in the patterns, namely the artistic styles of ancient Mesopotamia,
ancient Greece, and Gandhara. The second line of investigation focuses on the Eastern influences behind the pattern, including
traditional Chinese plastic arts from the pre-Qin and Han dynasties and the artistic styles of central China during the Northern and
Southern dynasties. Tracing the historical development and cultural influences that produced the honeysuckle patterns grants a
comprehensive view of both the uniquely regional artistic characteristics and the globally aware aesthetic consciousness of
Dunhuang art.
目次一來自西方的植物紋樣
1. 古希臘的陶瓶裝飾紋樣
2. 中亞地區的裝飾紋樣
3. 中國新疆石窟的裝飾紋樣
二本土傳統及中原新樣式
1. 先秦至漢代的傳統紋樣
2. 云岡石窟的忍冬紋
3. 南朝的忍冬紋
小結
ISSN10004106 (P)
DOI10.13584/j.cnki.issn1000-4106.2022.01.004
ヒット数33
作成日2023.03.20
更新日期2023.03.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
667090

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ