サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
三昧と阿闍梨:三昧と生活規範2=Samadhi and Acary
著者 小山典勇 (著)
掲載誌 智山学報=Journal of Chizan Studies=智山學報
巻号v.38
出版年月日1989.03.31
ページA39 - A51
出版者智山勧學會
出版サイト https://www.chisankangakukai.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
抄録間もなく興教大師の850年御遠忌を迎え,観法が脚光を浴びている,しかしその意味が論じられているとは言いがたい。観法の意義を根本的に問うことから始めてみようではないか。そこで 1 宗教(宗教者,その体験)と日常生活(知的な営み,ものの見方および具体的行為)とのかかわりを考察する。それは真言行者とその生活の在り方を問うことになろう。2 今は考察の事例として《般舟三昧経》を取り上げ,前項の1課題を検討する。3 考察の手掛かりとして,筆者がこれまで取り組んできた「パクティ信仰のあり方」をあらかじめ紹介し,比較していくことにしたい。パクティ信仰は最高存在(あるいはその化身)を情的に精神集中して,それとの一体感でありその法悦である。またそこに至る経緯(修行,実践),結果(法悦)でもある。宗教的には常時一体帯感を味わうことが目指されるであろう。その道筋は時に伝統的社会規範,生活規範と衝突することを避けられない。法悦は内面に蓄積され,行為規範となってあふれ出ることになるからである。そのエネルギーは社会を動かして行く原動力となろう。おおよそこのような展開を書くことができよう。4 《般舟三昧経》は大乗初期の,三昧をテーマとする経典群の1である。「現在諸仏悉在前立三昧」とは何か,仏を見るとは,そして仏を見た人はどんな生活をするかの各項について,考察しよう。5 これまで《般舟三昧経》に対する関心は,a阿弥陀仏が登場しているので浄土関係,b三昧については止観に着目して天台関係が主に考察している。したがって経の全体像を理解し,さらに1の課題を検討することは意味があると考える。テキストは3巻本を用いる。
目次はじめに 40
Ⅰ 40
Ⅱ 41
Ⅲ 49
註 51
ISSN02865661 (P)
DOIhttps://doi.org/10.18963/chisangakuho.38.0_A39
ヒット数71
作成日2023.03.31
更新日期2023.03.31



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
668064

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ