サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
『法蘊足論』の四無量定と勝解:『声聞地』との関連性から=Meditation on the Four Immeasurables and Adhimukti in the Dharmaskandha: Influences on the Śrāvakabhūmi and Other Literature
著者 阿部貴子 (著)
掲載誌 智山学報=Journal of Chizan Studies=智山學報
巻号v.71
出版年月日2022
ページ0013 - 0032
出版者智山勧學會
出版サイト https://www.chisankangakukai.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
抄録 本稿では、『法蘊足論』から『声聞地』への影響を検証するために、『法蘊足論』「無量品」の四無量定を考察し、他の有部文献や禅経典への影響を併せて検討した。この結果、『法蘊足論』に引用される経文は「勝解」を含むものであり、他の有部論書とともに『声聞地』に継承されたことが分かった。また『法蘊足論』は、言葉よりも禅定の重視という点で『修行道地経』に共通し、四無量定の対象という点で『修行道地経』を経て『坐禅三昧経』『達磨多羅禅経』『婆沙論』『声聞地』へと影響を与えたことが分かる。また『声聞地』の特徴である九種心住を含む止観理論は、『法蘊足論』の四無量定の集中方法に基づくことが明らかとなった。よって『声聞地』は禅経典や阿毘達磨論書の影響も受けているが、『法蘊足論』の修行論に自らのヨーガ理論構築の要素を見出していたといえる。

 To examine the influence of the Dharmaskandha on the Śrāvakabhūmi, in this paper we consider the theory of the meditation on the four immeasurables (apramāṇa) in the Dharmaskandha, along with influence on the Abhidharma treatises and Dhyāna scriptures. A sentence of sūtras quoted in the Dharmaskandha includes the term “adhimukti,” which is inherited by the Śrāvakabhūmi and other Sarvāstivāda literature. The Dharmaskandha is common to the Xiu xing dao di jing (修行道地経) in emphasizing meditation rather than speaking. In addition, meditative objects in the Dharmaskandha are seen in the Xiu xing dao di jing and developed in the Zuo chan san mei jing (坐禅三昧経), the Da mo duo luo chan jing (達磨多羅禅経), the Mahāvibhāṣā, and the Śrāvakabhūmi. Clearly, however, the Śrāvakabhūmi introduces the theory of nine mental stabilities and the theory of śamatha-vipaśyanā based on the method of concentration of apramāṇa taught in the Dharmaskandha. Therefore, the Śrāvakabhūmi constructs its own yoga theory based on the Dharmaskandha although it is also influenced by the Dhyāna scriptures and other Abhidharma literature.
目次≪抄録≫ 13
はじめに 13
1. 『法蘊足論』の経文 16
2. 勝解の重視 19
3. 四静慮との関係と勝解作意 21
4. 二種の対象 24
5. 『声聞地』への影響 26
6. 『法蘊足論』が説いていないこと 28
まとめ 29
使用テキストと略号 30
参考文献 31
ISSN02865661 (P)
DOIhttps://doi.org/10.18963/chisangakuho.71.0_0013
ヒット数965
作成日2023.05.26
更新日期2023.05.26



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
671625

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ