サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Buddhist Litigants in Public Court: A Case Study of Legal Practices in Tibetan-ruled Dunhuang (786–848)
著者 Liu, Cuilan (著)
掲載誌 Journal of the American Oriental Society
巻号v.139 n.1
出版年月日2019.01-03
ページ91 - 114
出版者American Oriental Society
出版サイト http://www.umich.edu/~aos/index.html
出版地Ann Arbor, MI, US [安娜堡, 密西根州, 美國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
抄録This article examines a legal dispute over the ownership of nine bondservants between a Buddhist monastery and two monks and a nun, focusing on the legal apparatus and practices in Dunhuang when it was under Tibetan control (786–848). During the Tang, eminent monks of the Buddhist clergy petitioned for exemptions from public courts in order to restrict trials of ordained Buddhists at alternative venues. Such petitions were declined, granted, or revoked by different Tang emperors. This case study demonstrates that ordained Buddhists on this Sino-Tibetan frontier affiliated with the Buddhist clergy in Dunhuang did not enjoy this privilege. Instead of being shielded from public attention, two Buddhist monks and a nun successfully litigated against a Buddhist monastery in a public court.
目次Introduction 91
Pelliot Tibétain 1079 93
The Legal System in Dunhuang 95
The Dispute 100
The Significance of Pelliot Tibétain 1079 108
Bibliography 110
ISSN00030279 (P); 21692289 (E)
DOIhttps://doi.org/10.7817/jameroriesoci.139.1.0091
ヒット数45
作成日2023.07.11
更新日期2023.07.11



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
675642

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ