サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
如来蔵と仏性
著者 高崎直道 (監修)=Takasaki, Jikido (supervise) ; 桂紹隆 (編)=Katsura, Shoryu (ed.) ; 斎藤明 (編)=Saito, Akira (ed.) ; 下田正弘 (編)=Shimoda, Masahiro (ed.) ; 末木文美士 (編)=Sueki, Fumihiko (ed.)
出版年月日2014.01.30
ページ384
出版者春秋社
出版サイト https://www.shunjusha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
シリーズシリーズ大乗仏教=Series Mahāyāna Buddhism
シリーズナンバー8
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート文献あり
請求記号: 181.23-Sh88-8
仏教図書共通分類表: 181.8
キーワード大乗; 仏教; 教義; 仏性; 仏教哲学
抄録『涅槃経』の「一切衆生悉有仏性」の文句で知られる、すべての衆生が持つ悟りの可能性を意味する如来蔵・仏性。インド古来のアートマン思想の影響を受けた、この大乗仏教を代表する思想の誕生から展開、東アジアにおける受容について論究する。

本巻は、如来蔵・仏性に焦点を当てて、その誕生過程と内容とを吟味し、諸地域への伝播と発展について考察する。待望のシリーズ全巻完結!
目次第1章 如来蔵・仏性思想のあらたな理解に向けて
第2章 『如来蔵経』再考—仏性の九喩を中心として
第3章 仏性の宣言—涅槃経
第4章 仏性の展開—央掘魔羅経・大法鼓経
第5章 宝性論の展開
第6章 如来蔵と空
第7章 涅槃経と東アジア世界
第8章 煩悩と認識を画定する—唯識と如来蔵の二障説の起源
ISBN9784393101681; 4393101685
ヒット数59
作成日2023.08.23
更新日期2023.08.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
680479

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ