サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
認識論と論理学
著者 高崎直道 (監修)=Takasaki, Jikido (supervise) ; 桂紹隆 (編)=Katsura, Shoryu (ed.) ; 斎藤明 (編)=Saito, Akira (ed.) ; 下田正弘 (編)=Shimoda, Masahiro (ed.) ; 末木文美士 (編)=Sueki, Fumihiko (ed.)
出版年月日2012.01.20
ページ308
出版者春秋社
出版サイト https://www.shunjusha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
シリーズシリーズ大乗仏教=Series Mahāyāna Buddhism
シリーズナンバー9
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート参考文献あり
請求記号: 181.23-Sh88-9
シリーズ全10巻 ; 監修:高崎直道 ; 装幀:伊藤滋章
仏教図書共通分類表: 181.1
キーワード大乗; 仏教哲学; 仏教; 教義; インド哲学
抄録本巻は、仏教の存在論、認識論、論理学、真理論、言語哲学、全(一切)知者・輪廻・刹那滅論の論証など、仏教論理学の基本的な構造と特質を解明し、その現代的意義を論究する。

仏教論理学とは何かを存在論、認識論、論理学、真理論、言語哲学の各視点から解説し、さらに全知者・輪廻、刹那滅の論証など、最新の研究成果を通じて、その基本構造と現代的意義を示す。
目次第1章 仏教論理学の構造とその意義
第2章 存在論—存在と因果
第3章 認識論—知覚の理論とその展開
第4章 論理学—法称の論理学
第5章 真理論—プラマーナとは何か
第6章 言語哲学—アポーハ論
第7章 全知者証明・輪廻の証明
第8章 「刹那滅」論証—時間実体(タイム・サブスタンス)への挑戦
ISBN9784393101698; 4393101693
ヒット数54
作成日2023.08.23
更新日期2023.08.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
680480

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ