サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
現代語訳 大乗起信論:仏教の普遍性を説く
著者 池田魯参 (著)=Ikeda, Rosan (au.)
出版年月日1998.05.01
ページ200
出版者大蔵出版
出版サイト https://www.daizoshuppan.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート索引: p196-200
請求記号: 185.77-D19
仏教図書共通分類表: 185.77
キーワード大乗起信論
抄録天台教学の立場で読んだもう一つの起信論。仏教の存在意義を問い,新たな展望を開いて,仏教の普遍性を説く。原文・書き下し文付き。

仏教の存在意義を問い、新たな展望を開く、もう一つの大乗起信論。

現代語で読む大乗起信論、大乗起信論の読み方、原文・読み下し文、大乗起信論の研究史概説の4編からなる。仏教の存在意義を問い、新たな展望を開く、もう一つの大乗起信論。
目次第1篇 現代語で読む大乗起信論
第2篇 大乗起信論の読み方
第3篇 原文・読み下し文
第4篇 大乗起信論の研究史概説
ISBN9784804310473; 4804310479
ヒット数56
作成日2023.08.24
更新日期2023.08.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
680515

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ