サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
A Contextualized Self: Re-placing Ourselves Through Dōgen and Spinoza
著者 Kuperus, Gerard (著)
掲載誌 Comparative and Continental Philosophy
巻号v.11 n.3
出版年月日2019
ページ222 - 234
出版者Taylor & Francis
出版サイト https://www.tandfonline.com/
出版地London, England, UK [倫敦, 英格蘭, 英國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノートAuthor Affiliation: University of San Francisco.
キーワードDōgen; Spinoza; place; environment; self; naturalization
抄録For Dōgen, the Buddhist doctrine of “no self” ultimately presents the self as contextualized. The self is for him not an independent entity, but is intricately related to its environment, determined through the many beings around it. In a quite different philosophical setting, Spinoza developed similar ideas. While Dōgen challenged the specifics of a tradition that explicitly argues against the idea of an absolute self, Spinoza faced a more radical challenge: questioning an absolute, unchanging, and free self that the Western tradition has mostly taken for granted. After an analysis of the ideas of the two thinkers, the essay presents some important implications for contemporary times. Our domination of the earth and one another is arguably rooted in the individualism Dōgen and Spinoza seek to overcome. The insight that we are contextualized is a first step toward re-determining ourselves as placed within a larger whole.
ISSN17570638 (P); 17570646 (E)
DOI10.1080/17570638.2019.1679979
ヒット数67
作成日2023.09.20
更新日期2023.09.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
682156

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ