サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Tangut Buddhism and the Bodhicittotpādasamādānavidhi
著者 Solonin, Kirill (著) ; Xie, Hao-yue (著)
掲載誌 Studies in Chinese Religions
巻号v.7 n.2-3
出版年月日2021
ページ267 - 278
出版者中国社会科学院=Institute of World Religions, Chinese Academy of Social Sciences(CASS); Taylor & Francis Group
出版サイト http://casseng.cssn.cn/
出版地Leeds, UK [里茲, 英國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
キーワードTangut Buddhism; Jitāri; Śāntideva; bodhicitta; Tibetan Buddhism
抄録The paper introduces part of the Tangut textual corpus, associated with the Bodhicaryāvatāra and the ritual composition by Jitāri, Bodhicittotpādasamādānavidhi. We conclude that in Xixia (1038–1227) there was a textual cluster revolving around these two texts. Tanguts generated a local tradition of studying both of these texts, whereas the Bodhicittotpādasamādānavidhi appeared to have been an important text prescribed for study by the Tangut monks. We discuss the versions of the texts and their commentaries.
ISSN23729988 (P); 23729996 (E)
DOIhttps://doi.org/10.1080/23729988.2021.1941623
ヒット数82
作成日2023.10.04
更新日期2023.10.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
683337

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ