サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
タイ仏教入門
著者 石井米雄 (著)=Ishii, Yoneo (au.)
91年初版/07年第5刷
出版年月日1991.08.01
ページ208
出版者めこん
出版サイト http://www.mekong-publishing.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
シリーズめこん選書
シリーズナンバー1
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート年表: p193-198
参考文献: p203-205
初版は「小乗仏教 : 戒律の救い」(淡交社, 1969. 「世界の宗教」の中の一巻)
キーワード仏教; タイ
抄録仏教がインドで滅びたのはなぜか。厳しい修行による自己救済という理想がひとにぎりの強者のみに到達可能な道だったからである。では、同じ上座仏教がタイで繁栄を続けているのはなぜか。一般大衆がそこに別の魅力を見出し、新しい信仰の体系を作り上げたから二つの宗教が整合性を失わず、ひとつの「タイ仏教」として存在するのはなぜか。 タイ研究の碩学が若き日の僧侶生活の体験をもとに、タイ仏教のダイナミズム、その繁栄の謎をきわめてわかりやすく解き明かしてくれます。タイ社会を知るための入門書でもあります。

タイで上座仏教が繁栄を誇っているのはなぜか。タイ研究の碩学がその秘密を解き明かす。

仏教はインドで滅び、タイで繁栄を続けるのはなぜか。ひとにぎりの強者のみのものだったインドに較べてタイでは大衆のものとしての仏教とエリートのための仏教の2つがあるためだ。この2つがひとつの「タイ仏教」として存在する不思議を探る。

タイ人の日常生活にまで深く影響を及ぼしている仏教について、分かり易く詳しく書かれた本です。
目次■上座仏教の構造
神を立てない宗教/苦と解脱の論理/信仰体系の二重性
■出家者の仏教
出家の思想/生活軌範としての戒律/サンガの構造/サンガの性格
■在家者の仏教
サーマネーン・スピンの物語/救済の図式/「タンブン」の諸相/二つの宗教の接合点
■「挑戦」と「応戦」
キリスト教の挑戦/政治権力の挑戦/近代の挑戦
■年表
■上座仏教のおもな年中行事
ISBN9784839600570; 4839600570
ヒット数281
作成日2023.10.12
更新日期2023.12.15



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
683909

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ