サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
増補 敦煌佛教の研究
著者 上山大峻 (著)=Ueyama, Daishun (au.)
増補版
出版年月日2012.09.10
ページ740
出版者法藏館
出版サイト https://pub.hozokan.co.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
シリーズ名著復刊
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
ノート年表あり
キーワード敦煌; 仏典; 仏教; 中国; 歴史
抄録敦煌写本の検討から、チベット支配下の同地に展開した特異な仏教教学を解明。未伝の学僧・曇曠と法成の研究、チベット宗論の研究などを収録し、さらに二三論文を増補。

8世紀末葉に中国本土から切離され、吐蕃に支配されていた時期の敦煌と、それにつづく帰義軍期の敦煌、併せて300年近い敦煌国の教学佛教の全体像を解明する。2論文を増補掲載。
目次序章
一 敦煌佛教研究の課題
二 研究方法と範囲
三 資料
第一章 西明寺学僧曇曠と敦煌の佛教学
一 敦煌にのこされた曇曠の諸著作と足跡
二 曇曠の諸著作
三 曇曠の教学的特色
四 曇曠著作の学習と継承
第二章 大蕃国大徳三蔵法師法成の人と業績
一 法成の著作とその写本一覧
二 法成、その人
三 法成の行歴
四 法成(Chos grub)の諸著作
第三章 チベット宗論の始終
一 問題の輪郭とこれまでの研究
二 資料と方法
三 資料の検討
四 摩訶衍の教学とその形成
五 インド婆羅門僧とその思想
六 チベット宗論の結末とその後
第四章 中原未伝・古逸の漢文佛典
第一節 中国系佛教学の諸論疏
一 『浄名経関中疏』
二 『四分戒本疏』
三 『法華玄賛』
四 古逸の諸論疏
五 禅文献の諸層
第二節 未伝経典
結章 総括と展望
資料
資料一 『大乗二十二問』
資料二 『頓悟大乗正理決』
資料三 『大乗経纂要義』
資料四 法成訳『般若波羅蜜多心経』
資料五 『大乗四法経』及びその論疏
資料六 異訳『無量寿宗要経』
資料七 『入無分別総持経』
資料八 『金剛壇廣大清浄陀羅尼経』
ISBN9784831873613; 4831873616
ヒット数44
作成日2023.10.18
更新日期2023.12.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
684397

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ