サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
從最澄《三部長講會式》看東亞的天台文化:以願文對象為核心的考察
著者 郭珮君 (著)=Kuo, Pei-chun (au.)
掲載誌 天台文化與東亞佛教:以明清時期為中心工作坊
出版年月日2016.06.24
出版者中央研究院中國文哲研究所
出版サイト https://www.litphil.sinica.edu.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート華梵佛學研究所暨中研院明清研究推動委員會「文獻、經典、寺院:明清宗教文化的再省思」計畫共同主辦。
抄録透過比較最澄《三部長講會式》、智顗〈敬禮法〉以及後來智昇《集諸經禮懺儀》中的儀式文本,指出雖然為統治集團祈福並非佛教願文中必備要素,然由最澄《三部長講會式》中強調護法善神祈佑國祚與政權後,護國思想在儀式與願文中就綿延不絕。細部而論,《三部長講會式》中《長講金光明經會式》與《長講仁王般若經會式》結願文部分僅有的一句差異:「大辨吉祥正了知,堅牢地神藥叉眾」,由於《金光明最勝王經》亦有出現「大辯才天」、「大吉祥天」等順序幾乎一樣的神祇,故認為儀式文本與經典內容的相關性有更細緻斟酌之必要。
ヒット数151
作成日2023.10.25
更新日期2023.10.31



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
684983

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ