サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
道徳教育としての「禅と武士道」という言説の生成とその背景 : 新渡戸稲造・井上哲次郎から鈴木大拙まで=The Creation and Background of the "Zen and Bushido" Discourse as a Form of Moral Education: From Inazo Nitobe and Tetsujiro Inoue to D.T. Suzuki
著者 何燕生 (著)=He, Yan-sheng (au.)
掲載誌 東アジア仏教学術論集=Proceedings of the International Conference on East Asian Buddhism=中・日・韓国際仏教学術大会論文集
巻号n.11
出版年月日2023.02
ページ175 - 197
出版者東洋大学東洋学研究所
出版サイト https://www.toyo.ac.jp/research/labo-center/toyogaku/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
目次一、仏教(禅)、神道と儒教―「武士道」の三つの淵源 176
二、「禅と武士道」という言説の生成と展開 185
三、「禅と武士道」という言説の「復活」と越境─鈴木大拙とオイゲン・ヘリゲルの言説 186
まとめ 195
ISSN21876983 (P)
DOI10.34428/00013957
ヒット数661
作成日2023.11.09
更新日期2023.11.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
686263

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ