サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
Ego, Egoism and the Impact of Religion on Ethical Experience: What a Paradoxical Consequence of Buddhist Culture Tells Us About Moral Psychology
著者 Garfield, Jay L. (著) ; Nichols, Shaun (著) ; Rai, Arun K. (著) ; Strohminger, Nina (著)
掲載誌 The Journal of Ethics: An International Philosophical Review
巻号v.19 n.3/4 Special Issue
出版年月日2015.09
ページ293 - 304
出版者Springer
出版サイト https://link.springer.com/
出版地Heidelberg, Germany [海德堡, 德國]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語英文=English
ノート Vol. 19, No. 3/4, Special Issue: Immortality
キーワードCognitive science of religion; Cross-cultural psychology; Death anxiety; Personal identity; Self; Tibetan Buddhism
抄録We discuss the structure of Buddhist theory, showing that it is a kind of moral phenomenology directed to the elimination of egoism through the elimination of a sense of self. We then ask whether being raised in a Buddhist culture in which the values of selflessness and the sense of non-self are so deeply embedded transforms one's sense of who one is, one's ethical attitudes and one's attitude towards death, and in particular whether those transformations are consistent with the predictions that Buddhist texts themselves make. We discover that the effects are often significant, but not always expected.
目次1 Introduction: The Broad Structure of Buddhist Ethics 294
2 Action Theory and Karma 297
3 Virtue, Consequence and Obligation 298
4 The Bodhisattva Path and Buddhist Moral Psychology 299
5 What Might We Expect Buddhist Agents to Look Like? 300
6 What We Found: Metaphysics 301
7 What We Found: Ethics 302
References 304
ISSN13824554 (P); 15728609 (E)
ヒット数91
作成日2023.12.25
更新日期2023.12.25



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
689674

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ