サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
石窟寺窟檐保存現狀與保護對策思考
著者 裴強強 (著) ; 陳嘉睿 (著) ; 郭青林 (著)
掲載誌 西北大學學報 (哲學社會科學版)=Journal of Northwest University (Philosophy and Social Sciences Edition)
巻号n.02
出版年月日2022
ページ142 - 156
出版者西北大學學報編輯部
出版地西安, 中國 [Xi'an, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード石窟寺; 窟檐; 保護對策; 建築形制
抄録窟檐建筑是石窟寺的重要組成部分,最早起源于印度,早期以裝飾為主。佛教傳入中國后,窟檐建筑作為石窟寺的保護性設施及重要禮佛空間得到了長足的發展,并衍生形成類型多樣的建筑形制。目前,我國大多石窟寺窟檐建筑因毀壞或缺失致使洞窟內塑像、壁畫等暴露而面臨環境侵蝕的危險。因此,窟檐建筑作為石窟重要的保護屏障備受學者關注,但囿于保護理念、環境風貌、建筑形制和材料技術等原因,石窟寺本體保護需求、保護措施對石窟外觀影響的平衡把控、窟檐原貌的缺失與保護性窟檐建筑風格的協調性探索三個方面,成為制約石窟保護的瓶頸。本文從窟檐建筑源起、形制特征與分類、保存現狀與需求、保護性實踐的利弊等方面,提出石窟寺保護中存在的主要問題和保護對策,指出適宜的保護性窟檐修建對于石窟寺的長久保存具有重要意義。
目次一、窟檐建築的發展史 143
二、窟檐建築分類與特徵 147
三、窟檐建築保存現狀與需求 149
四、保護對策與實踐探索 152
五、結論 153
ISSN10002731 (P); 10002731 (E)
ヒット数53
作成日2023.12.28
更新日期2023.12.28



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
689998

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ