網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
後期中観派のサーンキャ学説批判とダルマキールティ -- 自不生の論証,因中有果論,顕現説批判
作者 森山清徹 =Moriyama, Seitetsu
出處題名 文学部論集=Journal of the Faculty of Letters=ブンガクブ ロンシュウ
卷期(總號=n.81)
出版日期1997.03.01
頁次17 - 36
出版者佛教大学学会
出版者網址 http://www.bukkyo-u.ac.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料類型期刊論文=Journal Article
使用語言日文=Japanese
附註項此PDF全文檔為日本國立情報學研究所、電子圖書館(NII-ELS)提供。著作權屬原該網站建構或維護單位所有。
關鍵詞自不生; サーンキャ学説批判; Kamalasila; Dharmakirti; Madhyamikas
摘要 Kamalasilaが、以下に展開する<自らの生起>の吟味では、サーンキャ学派の因中有果論と転変説が批判的に検証されている。この点自体は、従来の中観諸論師の扱う論議と異質なものではないが、その検証方法が大いに異なるのである。つまり、そこではDharmakirtiのサーンキャ学説批判、常住論批判(刹那滅論)、対立関係(vuruddha)、時空限定の根教としての依存関係(apeksa)の理論、論理学が活用され、サーンキャ学による限り因果双方の区別が成り立ち得ず、因果は相互に混在するものとなると批判を展開している。そして<自不生論証>を巡り、KamalasilaはCandrakirtiを批判し、Bhavavivekaを支持している。Kamalasilaは自不生のみならずNagarjunaの四不生全体の解釈の機軸としてDharmakirtiの刹那滅論証を活用している。これらのことは中間派思想史上、特に注目される。
ISSN09189416 (P)
點閱次數1280
建檔日期2007.02.01
更新日期2020.06.23










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
142213

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽