網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學佛學博物館相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
選択本願念仏集 -- 法然の教え
作者 法然 ; 阿満利麿
出版日期2007.05
頁次286
出版者角川学芸
出版者網址 http://www.kadokawagakugei.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料類型書籍=Book
使用語言日文=Japanese
關鍵詞法然; 往生; 末法思想
摘要末法思想が信じられ絶望が人びとを襲った鎌倉初期、法然はただ念仏だけを称えれば、誰でもたやすく仏が救済してくれると説いた。この革命的な思想の正当性を、九条兼実の求めに応じて法然自身がまとめたのが本書である。法然の教えは、従来の仏教的価値観を根本的に覆したため旧派仏教徒から非難を受けるが、その後の仏教史を大きく変えた。仏教界に衝撃を与え、かつ多数の信者を得た法然の主著を、平易な訳文で読み、その強靱な求道の精神の魅力に迫る、浄土宗・浄土真宗の基本文献。
目次
標章 道綽禅師が、仏教を「聖道」と「浄土」に分け、「聖道」を捨てて「浄土」に帰せよ、と説く文。;
引文第一 道綽禅師の『安楽集』上には…;
私釈 宗派の根拠/「浄土宗」の立場/さまざまな分類/「浄土宗」の師資相承;
標章 善導和尚が浄土往生のための行を「正」・「雑」の二つに分けて、「雑」行を捨てて「正」行に帰依するように勧めている文。;
引文第一 善導はその著『観経疏』の第四において…;
私釈 正・雑二行の得失;引文第二 善導の『往生礼讃』は…;私釈;
標章 阿弥陀如来は称名以外の行をもって往生の本願となしたまわず。ただ念仏をもって往生の本願となしたまえる、という文。;
引文第一 『無量寿経』の上に…
ISBN9784044068011
點閱次數582
建檔日期2007.07.03
更新日期2008.10.07










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
146234

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽