網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
初期唯識思想の研究
作者 勝呂信静 (著)=Suguro, Shinjo (au.)
出版日期1989.02
頁次601
出版者春秋社
出版者網址 http://www.shunjusha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料類型書籍=Book
使用語言日文=Japanese
關鍵詞唯識思想
摘要本書は四章より成り、第一章では彌勒著といはれる諸論の檢討が行われ、第二章以下では、その中でも重要と思われる論書の中で、
(1)『瑜伽師地論』と『解深密經』
(2)『大乘莊嚴經論』と『菩薩地』と『攝大乘論』
(3)『攝大乘論』と『瑜伽師地論』
などの比較研究が行われている。

目次序論
第一章 彌勒諸論の成立とその歷史的位置づけの問題
第一節 問題の所在-傳說の解釋
第二節 『弁中邊論』
第三節 『金剛般若波羅蜜經論』
第四節 (付論)「金剛般若論』
第五節 『大乘莊嚴經論』
第六節 『瑜伽師地論』
第七節 (付論)『顯揚聖教論』
第八節 『究竟一乘寶性論』
第九節 『法法性分別論』
第十節 『分別瑜伽論』
第十一節 『現觀莊嚴論』
第十二節 『大寶積經論』
第二章 『瑜伽師地論』と『解深密經』の成立に對する考察
第一節 『瑜伽師地論』
第二節 『解深密經』
第三章 文獻成立から見た『大乘莊嚴經論』と『菩薩地』および『攝大乘論』教義の相互比較
第一節 『大乘莊嚴經論』と『菩薩地』
第二節 『大乘莊嚴經論』と『攝大乘論』
第一項 (主論)『攝大乘論』引用頌の相互比較檢討
第二項 (付論) 頌文の散文化による引用例の比較
第三項 (付論)『攝大乘論』と『阿毘達磨集論』に共通する教義の比較
第四章 『攝大乘論』と『瑜伽師地論』攝決擇分
ISBN4393111486; 9784393111482
相關書評
  1. 書評:勝呂信静著『初期唯識思想の研究』=Book Review: Suguro Shinjo, Studies on Early Vijñaptimātra Philosophy / 舟橋尚哉 (著)=Funahashi, Naoya (au.)
點閱次數322
建檔日期2009.07.10
更新日期2022.01.26










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
182675

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽