網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學佛學博物館相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
『往生要集釈』の構成について=Concerning the structure of "Ojoyoshushaku"
作者 佛教大学学術委員会大学院紀要編集委員会 ; 南宏信 (著)=Minami, Hironobu (au.)
出處題名 佛教大學大學院紀要
卷期n.35
出版日期2007.03
頁次17 - 28
出版者佛教大學大學院
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料類型期刊論文=Journal Article
使用語言日文=Japanese
關鍵詞法然; 良忠; 往生要集詮要; 往生要集釈(鈔); 往生要集鈔(義記)
摘要『黒谷上人語灯録』には法然の『往生要集』註釈書を四本収録する。これまでその四本の著述前後が数多く論じられてきたが決定的な見解はなされていない。本稿はその原因を、これら四本は当初から各々独立した書として存在していたのではなく、複数の断簡が整理・編集されて現在のように成立したと推考する。一つは『往生要集釈』は四本中で唯一『黒谷上人語灯録』以外で単独で二本存在し、うち一つは法然滅後八年まで遡れる。その『往生要集釈』の説く念仏には振れ幅が存在すること。二つは良忠の『往生要集鈔』中の法然の『往生要集』註釈書の引用と跋文の考察により四本以外の存在が確かめられることがあげられる。このことは文献理解の限界と可能性を示しうる契機ともなろう。
目次はじめに 17
一、『要集釈』(『要集鈔』)の構成について 18
①入文解釈と広釈 19
イ、内容が重複する 19
ロ、称名念仏を本意として勧める 20
②略釈について 20
イ、惣結要行釈A 20
ロ、惣結要行釈B 21
③要釈について 21
④往生階位 21
⑤『要集釈』(『要集鈔』)構成のまとめ 22
二、良忠の引用した『往生要集』諸釈書 23
①良忠『往生要集鈔』から『往生要集義記』へ 23
②『鈔』・『義記』に引用される法然の『往生要集』諸釈書対照 23
三、『鈔』・『義記』の跋文に記される法然の『要集』諸釈書 24
①跋文の変遷 24
②跋文の『要集釈』 25
③『惣結要行料簡』と『詮要』 25
④「惣結要行」釈の問題 26
おわりに 26
ISSN13442422 (P)
點閱次數189
建檔日期2009.07.17
更新日期2021.01.13










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
183319

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽