網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
中世の「住居観」について - 『海道記』を中心に
作者 川本豊 (著)=Kawamoto, Yutaka (au.) ; 佛教大学学術委員会大学院紀要編集委員会
出處題名 佛教大學大學院紀要
卷期n.32
出版日期2004.03
頁次1 - 16
出版者佛教大學大學院
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料類型期刊論文=Journal Article
使用語言日文=Japanese
關鍵詞母-家-浄土; 仕切り; 入れ子; 住居観; 海道記
摘要本研究は、古典文学に表出される「家」に関する心性の歴史を解明しようとするものである。よって一般的な建築学的様式論をとるものではない。ここでは鎌倉初期の紀行文学「海道記』をテクストに、旅の視線を通して当時の「家」観を考えた。「老母」についての記述からは、帰りつくべき所として「家」の保持する感覚的具体性が昇華されて、再会すべき来世の浄土へとつながる。この、母家l浄土という連鎖の上に一つのイメージが見える。また「仕切り」という視点からは、「入れ子」と「障子」という二種類の隔て構造が浮び上がる。重層型と並列型とも言い換えられよう。「入れ子」型の仕切りは、抽象的であるが、内向的、外向的そして回帰的という三種類の方向性が認められる。「障子」型においては、紙一枚で事足れりとする非力とも表現される伝統的な「壁」の意味、つまり死生観と連関した「仕切り」に対する心性として、長い時代スパンにおける持続性・連続性の高さと意義について考察した。
目次はしがき 1
第一章 出つるところー帰るところ 2
第二章 二人称としての「母」 4
第三章 仕切りについてー「入れ子」と「障子」 8
「入れ子」重層型仕切りについて 8
「障子」並列型仕切りについて 10
むすび 12
ISSN13442422 (P)
點閱次數339
建檔日期2009.07.17
更新日期2021.01.13










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
183348

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽