網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學佛學博物館相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
唯識教理の研究=A Study of the Thought of Consciousness-Only
作者 渡辺隆生 (著)=Watanabe, Takao (au.) ; 龍口明生 (著)=Tatsuguchi, Myosei (au.) ; 武田宏道 (著)=Takeda, Hiromichi (au.)
出處題名 龍谷大学仏教文化研究所紀要=Bulletin of Research Institute for Buddhist Culture, Ryukoku University=ブッキョウ ブンカ ケンキュウジョ キヨウ
卷期v.40
出版日期2001.11.30
頁次35 - 72
出版者龍谷大学仏教文化研究所
出版者網址 http://www.ryukoku.ac.jp/bukken/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料類型期刊論文=Journal Article
使用語言日文=Japanese
關鍵詞唯識=Mind-Only Buddism=Consciousness-Only Buddhism=Vijnaptimatrata=Vijnaptimatra; 種子=bija; 佛身觀=Buddha-kaya=Buddhology; 三身論=Trikayavatara; 阿賴耶識=阿拉耶識=阿梨耶識=阿摩羅識=Alayavijnana
摘要本研究は、唯識思想の中から主要な教理的問題を取り舉げ、その教理周邊の思想も同時に浮かび上がらせることによって、唯識の思想教理を體系的に把握していくことを目的とする。そのためにこの研究では、唯識論書のなか、もっと大系的な唯識思想の總譜と目される《成唯識論》をもとに、論述上の主要な「學術用語」を分析し、かつ總合的に研究を進める。

目次一、「表.無表色」說批判 (卷1)
二、唯識說における「種子六義」の意味 (卷2)
三、阿賴耶識存在の「十理証」 (卷3)
四、末那識相應の「遍染義」(卷4)
五、「別境」心所の唯識的意義 (卷5)
六、根本煩惱の「俱生.分別起」 (卷6)
七、「等無間緣」.「所緣緣」解釋の問題 (卷7)
八、唯識說における「惑.業.苦」の解釋 (卷8)
九、唯識修道と大乘二種姓 (卷9)
一○、佛の「三身」と「清淨法界.四智」の概念 (卷10)
ISSN02895544 (P)
點閱次數186
建檔日期2004.05.28
更新日期2022.07.20










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
359618

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽