網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
中国唯識思想史研究 : 玄奘と唯識学派
作者 吉村誠 =Yoshimura, Makoto
出版日期2013.09
頁次523
出版者大藏出版
出版者網址 http://www.daizoshuppan.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料類型書籍=Book
使用語言日文=Japanese
摘要第1篇では、玄奘が中国で最初に学んだ摂論学派の教理を、先行する地論学派のものとあわせて検討する。玄奘はこれらの教理を学ぶ中でインドへ旅立つ決意をしたが、その具体的な動機を探る。

第2篇では、最初に玄奘の仏典翻訳には瑜伽行派の三転法輪説に基づく意図があったことを指摘し、続いて玄奘の弟子たち(唯識学派)の著作を比較する中で、玄奘自身の思想を浮かび上がらせる。特に、東アジア全体に波及して論争を巻き起こすことになる五姓各別説、仏性説、一乗説などを採り上げる。
目次 緒言/凡例
総論
 第1章 中国唯識諸学派の展開
 第2章 中国唯識諸学派の称呼

本論
第1篇 玄奘の修学と地論・摂論学派の教学
 第1章 摂論学派における玄奘の位置
 第2章 地論学派の心識説
 第3章 摂論学派の心識説
 第4章 摂論学派の三性三無性説
 第5章 摂論学派の九識説
  Ⅰ 真諦の阿摩羅識説と摂論学派の九識説
  Ⅱ 三論文献に見られる摂論学派の九識説
  Ⅲ 天台文献に見られる摂論学派の九識説

第2篇 玄奘の翻訳と唯識学派の形成
 第1章 唯識学派の三転法輪説
  Ⅰ 玄奘の大乗観と三転法輪説
  Ⅱ 唯識学派における三転法輪説の解釈
 第2章 唯識学派の一乗観
  Ⅰ 唯識経論における「一乗」の観念
  Ⅱ 唯識学派における「一乗」の解釈
 第3章 唯識学派の仏性観
  Ⅰ 五姓各別説
  Ⅱ 理行二仏性説
 第4章 唯識学派の心識説
  Ⅰ 種子説
  Ⅱ 熏習説
 第5章 唯識学派と仏性論争
 初出一覧/後記/索引/英文目次
ISBN9784804305868 (精)
點閱次數420
建檔日期2014.08.21










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
397386

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽