網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
敦煌写本<悉曇章>類の特異性 - 『禅門悉談章』のケース
作者 小林圓照 =Kobayashi, Ensho
出處題名 花園大学国際禅学研究所論叢=Annual Report of the International Research Institute for Zen Buddhism=ハナゾノ ダイガク コクサイ ゼンガク ケンキュウジョ ロンソウ
卷期n.5
出版日期2010.03
頁次11 - 32
出版者花園大学国際禅学研究所
出版者網址 http://iriz.hanazono.ac.jp/index.ja.html
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料類型期刊論文=Journal Article
使用語言日文=Japanese
摘要 一般に悉曇(悉談、悉檀、siddham)とは、梵字の字母の総称であり、梵字の書体及び字母表や綴字法、梵語の読法、文法、語句の解釈などを記述したものを<悉曇章>と言う。敦煌写本テキストの中にも数種の<悉曇(談)章>類がある。例えば『般若心経悉談章(仮題)』、『俗流悉談章』、あるいは、今回テーマに採り上げた『禅門悉談章』などがある。これらの特色は、一般の<悉檀章>とはと異なり、字母全体に亙る論述ではなく、とくに『鳩摩羅什法師通韻』や『涅槃経悉曇章』を素材的な根拠として、母音字音(摩多< mātṙkā>・母、韻)の十六韻のうち、頻度の少ない ṙ, ṙ¯, l̇, l̇¯の四韻(魯・留・魯・樓の<別摩多>、他の十二は<通摩多>と呼ぶ)をひとくみの基礎となる頭首の音として論述を展開していることである。この特異性は、今回テーマとして採りあげた『禅門悉談章』においても同様である。
 さて『禅門悉談章』は、正式には『佛説楞伽經禪門悉談章』と呼ばれ、定慧禅師の翻出とされる。敦煌本としては、(A) P2212, (B) P2204, (C)P3099, (D) P3082, (E) S4583v, (F) BD00041-1, (G) 俄 Dx00492などの七本の写本ならびにトルファン断片(G)がある。大正新脩大蔵經82巻には、(A)本を定本とし(B)本によって校訂したものが入蔵されている。これらに依り、『楞伽經』との関連、「禪門」と称される思想的な背景、あるいは「歌謡」的な展開をも検討して、『禪門悉談章』の校訂テキスト作成を目標にしたい。

“Siddham”(悉曇、悉檀、悉談・Xitan)is the general name for a type script used for writing Sanskrit. “Siddham Chapters” (悉曇章 Xitan Zhāng / S.C)are texts that describe the styles of Sanscrit writing, present tables of
characters, discuss the special meanings of Characters, and discribe spelling, grammer, and pronunciation. Several varieties of Siddham Chapters are seen in the Dunhuang manuscripts, among them the “Prajñāpāramitā-hṙidaya-sūtra / S.C”<般若心経悉談章>, the “Chan men / S.C”<禪門悉談章>, the “Lay-person’s / S.C”<俗流悉談章>. These chapters do not siscuss all sixteen of the Siddham mātṙikās, but only four relatively rarely used vowels ṙ, ṙ¯, l̇, l̇¯(魯・留・廬・樓)<fourmātṙkās 別摩多>, as distinguished from the twelve more commonly used vowels<twelve 通摩多>. The compilers of the Siddham chapters reliedextensively on authoritative texts such as the “Kumārajīva’s syllables”
<鳩摩羅什法師通韻>and the “Mahāparinirvāṅa-sūtra S.C.<涅槃経悉曇章>. These characteristics apply to the Chan-men. S.C (禅門悉談章),the Subject of this presentation. The full title of this text is the “Siddham Chapter of Zen Teaching of the Laṅkāvatāra-sūtra” <佛説楞伽経禅門悉談章>translated by Zen master Din-hui 定慧禅師 of the temple Kuaishan-si 会善寺 on Mount Song 嵩山. There are seven extant texts of Chan-men in the Dunhaung manuscripts, namely Pelliot 2204, 2212,3082, and 3099 ; Stein 4583 ; BD 00041, 俄 Dx00492.
 This presentation addresses following issues : 1) the relation between Laṅkāvatāra-Sūtra and the Chan-men. S.C. 2) the back ground of the Zen thought” Chan-men” : and 3) the poetic expression of Zen thought and the manner in which this expression developed through the use of popular songs歌謡. The final goal of my research to produce
a fully revised text of the Chan-men, S.C.
ISSN18807925 (P)
點閱次數93
建檔日期2016.06.08
更新日期2019.01.17










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
565923

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽