網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學佛學博物館相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
宗教と儀礼の東アジア:交錯する儒教・仏教・道教
作者 原田正俊 (編)=Harada, Masatoshi (ed.)
版本項初版
出版日期2017.03
頁次256
出版者勉誠出版
出版者網址 http://bensei.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料類型書籍=Book
使用語言日文=Japanese
關鍵詞仏教; 宗教; 日本史; 東アジア
摘要儀礼の諸相が照らし出す東アジア文化交渉史
祖先祭祀、葬送や鎮魂、そして王権の正統化・補強・・・。
儀礼は、歴史の局面において様々に営まれ、時に人びとの救済への切実な営みとして、また時には支配・被支配の関係性の強化にも働いた。
そして、その源泉には儒教・仏教・道教などの宗教があった。
諸宗教の交渉がもたらす儀礼の諸相を、思想史・歴史学・文学・美術史などの視点から多面的に論じ、東アジアにおける宗教と儀礼の関係性を歴史的に位置づける画期的成果。
目次序文 原田正俊
1.祖先祭祀と家・国家
東アジアの宗廟祭祀 井上智勝
中国仏教と祖先祭祀 荒見泰史
日本中世の位牌と葬礼・追善 原田正俊
近世大名大名墓から読み解く祖先祭祀 松原典明
2.儒教儀礼の伝播と変容   
日本古代の殯と中国の葬送儀礼 西本昌弘
日本近世における儒教葬祭儀礼―儒者たちの挑戦 吾妻重二
『応酬彙選』の中の『朱子家礼』三浦國雄
3.追善・鎮魂儀礼と造形
道教・民間信仰で描く地獄 二階堂善弘
南宋時代の水陸会と水陸画-史氏一族の水陸会と儀礼的背景 高志緑
旧竹林寺地蔵菩薩像の結縁交名 長谷洋一
4.王権の正統化と宗教儀礼
唐代長安における仏教儀礼 中田美絵
北宋真宗の泰山・汾陰行幸―天地祭祀・多国間関係・蕃客― 向正樹
皇恩度僧の展開―宋~元代の普度を中心に― 藤原崇人
法皇院政とその出家儀礼の確立―白河院と鳥羽院の出家 真木隆行
ISBN9784585226727 (並製)
點閱次數17
建檔日期2018.10.02
更新日期2018.10.09










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
578343

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽