網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學佛學博物館相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
仏典はどう漢訳されたのか:スートラが経典になるとき
作者 船山徹 (著)
出版日期2013.12.18
頁次314
出版者岩波書店
出版者網址 https://www.iwanami.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料類型書籍=Book
使用語言日文=Japanese
附註項日本印度学仏教学会・鈴木学術財団特別賞(2015年)
摘要サンスクリット語などインドの言葉が原語であった仏典は,中国の文字や言葉に翻訳されて伝わることにより,東アジアの文化的基層となった.鳩摩羅什や玄奘らの翻訳理論とはどのようなものか.中国に無かった概念をどう訳したのか.キケロ以来の欧州の翻訳理論史と並び注目されるべき壮大な知的所産,初めての一般向け概説書
目次はじめに――東アジアの中の仏典
第一章 漢訳という世界へのいざない――インド,そして中国へ
第二章 翻訳に従事した人たち――訳経のおおまかな歴史
第三章 訳はこうして作られた――漢訳作成の具体的方法と役割分担
第四章 外国僧の語学力と,鳩摩羅什・玄奘の翻訳論
第五章 偽作経典の出現
第六章 翻訳と偽作のあいだ――経典を“編輯”する
第七章 漢訳が中国語にもたらしたもの
第八章 根源的だからこそ訳せないもの
第九章 仏典漢訳史の意義
参考文献
年表
あとがき
索引
ISBN9784000246910
相關書評
  1. 船山徹著『仏典はどう漢訳されたのか-スートラが経典になるとき-』=FUNAYAMA Toru, How Buddhist Scriptures Were Translated into Chinese / 柴田泰山 (著)=Shibata, Taisen (au.)
點閱次數3
建檔日期2021.11.04










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
626940

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽