網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
日本の戦争と宗教:1988 - 1945
作者 小川原正道 (著)
出版日期2014.01
頁次264
出版者講談社
出版者網址 https://www.kodansha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
叢書名講談社選書メチエ
資料類型書籍=Book
使用語言日文=Japanese
摘要「悪魔を懲らしめねばをかぬ」、「これは日本信仰と西洋思想との戦いである」――。「殺生」を禁ずるはずの宗教が、戦争、そして戦争協力を正当化するに至った論理とは。大日本帝国の時代、ミッションスクールでおこなわれた神道儀礼、銃後の守りを演出する戦没者法要、海外につぎつぎと建立される神社など、諸宗教の軍・政府との相互依存の全貌を、非戦論・抵抗の系譜とともに描き出す。

「悪魔を懲らしめねばをかぬ」、「これは日本信仰と西洋思想との戦いである」――。「殺生」を禁ずるはずの宗教が、戦争、そして戦争協力を正当化するに至った論理とは。大日本帝国の時代、ミッションスクールでおこなわれた神道儀礼、銃後の守りを演出する戦没者法要、海外につぎつぎと建立される神社など、諸宗教の軍・政府との相互依存の全貌を、非戦論・抵抗の系譜とともに描き出す。
目次プロローグ 「交響曲」として
第一章 「二十世紀」の到来──キリスト教公認と宗教政策
第二章 総力戦と大陸への飛躍──第一次世界大戦と布教権
第三章 新国家建設と「新理想郷建設」の模索──満州事変と日本宗教
第四章 大陸での「勢力拡大」──日中戦争と戦時協力
第五章 対米英決戦下の精神界──太平洋戦争と仏教・神道・キリスト教
 エピローグ それぞれの「終焉」
 あとがき
 注
ISBN9784062585699
相關書評
  1. 〈書 評〉小川原正道『日本の戦争と宗教 ― 1899~1945 ― 」=Book Review: Ogawara Masamichi. The wars and Religions of Japan: 1899-1945 / 近藤俊太郎 (著)=Kondo, Shuntaro (au.)
點閱次數1127
建檔日期2021.11.11










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
627281

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽