網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
Jñānagarbha’s Criticism of Dharmakīrti’s Causation Based on Apoha Theory=ジュニャーナガルバによるダルマキールティ批判:アポーハ論に基づく因果論の吟味
作者 Moriyama, Seitetsu (著)=森山清徹 (au.)
出處題名 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
卷期v.68 n.3 (總號=n.151)
出版日期2020.03.25
頁次1200 - 1207
出版者日本印度学仏教学会
出版者網址 http://www.jaibs.jp/
資料類型期刊論文=Journal Article
使用語言英文=English
關鍵詞JJAnagarbha; Dharmakīrti; apoha theory; causation
摘要ジュニャーナガルバは,『二諦分別論』(SDK14)及びその自注(SDV)において次のことを論じている.すなわち,
(SDV7a5–6)因果関係(kāryakāraṇabhāva)も不合理である.というのは多によって一なる事物(dṅos po, vastu)は設けられない(SDK14a).多によって多は設けられない(SDK14b).一によって多なる事物は設けられない(SDK14c).一によって一は設けられない(SDK14d).

SDV ad SDK14aから14bへの経緯の中で,対論者の見解としてダルマキールティのhetubinduからの感官知(眼,色,光,注意力など→眼識)の生起を表す因果論の引用が見いだされる.SDV ad SDK14cから14dへの経緯についても吟味し,その論議の全体がダルマキールティのアポーハ論に基づく因果論に対する批判であり実世俗と位置付けることが知られる.それは同一の原因をもたない(因非Aから生起した)別の結果からの排除ということを観点にした原因に基づく点からのアポーハ論により多因→一果から多因→多果への推移を,また一因→多果から一因→一果への推移を表している.それと同じ観点に基づき一因→多果から一因→一果への推移を表わすものが,ダルマキールティのPVSVP.42,7–8 ad PVⅠ–75である.ジュニャーナガルバによる論難は因果間における区別と無区別との肯定的否定的随伴関係を問うものである.また,多因→多果に関する論議において,無区別という立証因により特殊性の多と単一な結果(眼識)との不一致を論じるジュニャーナガルバの推論に対し不成因(asiddha)と指摘するのはシャーキャブッディであると考えられる.シャーキャブッディによるジュニャーナガルバへの論難はカマラシーラのmA前主張に,またハリバドラのAAAに取り上げられると考えられる.一因→一果においては,デーヴェンドラブッディによるPVⅢ534への注釈(眼なる質料因が一刹那後に同類のものを生起すること)が論難されていると考えられる.
目次1. 1200
2.1. 1204
2.2. 1204
2.3. 1205
2.4. 1206
Conclusion 1206
ISSN00194344 (P)
DOIhttps://doi.org/10.4259/ibk.68.3_1200
點閱次數198
建檔日期2022.09.30
更新日期2022.09.30










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
650281

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽