網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
親鸞とマルクス主義―闘争・イデオロギー・普遍性―
作者 近藤俊太郎 (著)
出版日期2021.08.31
頁次544
出版者株式会社法藏館
出版者網址 https://pub.hozokan.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料類型書籍=Book
使用語言日文=Japanese
摘要近代日本の親鸞には何が託されていたのか初期水平運動・反宗教運動・転向・戦時教学・戦後仏教史学・反靖国運動――、近現代日本の諸局面で構築された数多くの親鸞論。なかでもマルクス主義と交差することで、親鸞論は実に多様な展開を見せていく。その変遷を手がかりに、「親鸞を語る」という営為が語り手にもたらした思想経験を問い、その語りをもたらした近代という時代の歴史的経験に迫る。近現代を代表する二大思想、その結節点に初めて本格的に挑んだスリリングな思想史叙述の試み。
目次序 章 親鸞とマルクス主義への入射角
第I部 仏教とマルクス主義―解放と阿片の間―
第一章 高木顕明と初期水平運動の親鸞―非戦と平等をめぐって―
第二章 反宗教運動と仏教
第三章 佐野学の宗教論―宗教批判と親鸞理解―
第II部 戦時日本の親鸞―危機の時代との向き合い方―
第四章 戦時下本願寺の聖典削除と皇国宗教化
第五章 戦後親鸞論への道程―マルクス主義という経験を中心に―
第III部 戦後日本の親鸞―起動する社会的実践―
第六章 二葉憲香の親鸞論―仏教の立場に立つ歴史学―
第七章 戦後日本における反靖国運動と親鸞
補 論 近代真宗史への入射角―宗教的立場と社会的立場の二元論とその超克―
結 章 まとめと展望―親鸞・マルクス主義・近代―
あとがき
人名索引/事項索引
ISBN9784831855657 (平裝)
點閱次數161
建檔日期2022.11.02
更新日期2022.11.02










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
654153

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽