網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
戰後日本の宗教者平和運動
作者 大谷栄一 (著)
出版日期2021.11.30
頁次368
出版者ナカニシヤ出版
出版者網址 http://www.nakanishiya.co.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料類型書籍=Book
使用語言中文=Chinese
關鍵詞戦争責任; 靖国; 反核; 世界平和
摘要戦後日本の宗教界は、戦争協力への反省から、平和運動に活発に取り組んできた。その軌跡を辿り直し、戦後社会におけるその意義を問う。
目次序章「戰後日本の宗教者平和運動」研究を開拓する 大谷榮一
第Ⅰ部 佛教と平和運動
第1章 再起動する宗教者平和運動 大谷榮一
第2章 戰後日本における真宗者の反靖國運動 近藤俊太郎
第Ⅱ部 基督教と平和運動
第3章 日本基督教界の戰争協力と戰後平和運動の概要
日本基督教團の動向を中心として 一色哲
第4章 戰後日本における基督教による平和運動の特質と可能性
宗教的マイノリティによる地域ネットワークの形成の視座 一色哲
第5章 「政治の季節」と基督教平和運動 川口葉子
第Ⅲ部 新宗教と平和運動
第6章 大本・人類愛善会の平和運動
世界連邦運動から安保闘争へ 永岡崇
第7章 核廢絶運動と宗教間連携の新展開
ICAN と SGI・WCRP の關係を中心に 塚田穗高
第Ⅳ部 國境を超える平和活動
第8章 戰後日本宗教者の日中友好運動
佛教、基督教を中心に 坂井田夕起子
第9章 釜山・峨嵋洞の舊日本人墓地を媒介とした
新たな日韓コミュニケーション 大成寺を中心に 山本浄邦
附章「戰後日本の宗教者平和運動」のキーパーソン・中濃教篤 戸田教敞
あとがき
戰後日本の宗教者平和運動年表/人名索引/事項索引
ISBN9784779516023 (平裝)
點閱次數93
建檔日期2022.11.02
更新日期2022.11.02










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
654157

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽