網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
中有の考察=Studying on antorabhava
作者 小川宏 (著)
出處題名 智山学報=Journal of Chizan Studies=智山學報
卷期v.39
出版日期1990.03.31
頁次95 - 110
出版者智山勧學會
出版者網址 https://www.chisankangakukai.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料類型期刊論文=Journal Article
使用語言日文=Japanese
摘要仏教において輪廻転生を如何に理解するかは重要な問題である。この問題を原始仏教時代には業力の面から解釈していたが、部派仏教時代になると中有説が主張されて、輪廻転生論はより深く研究される事となった。然し中有説の本来的淵源は修行論の上での五種不還の中に説かれる中般涅槃に存するのである。この中般涅槃説に印度古来のガンダルバ神話が結びついて、仏教思想の上で独自の発展を遂げたものである。仏教以外の数論派等の微細身とも比較を行いつつ、仏教思想における中有説の独自性を追求し、中有説の宗教的意義にも説き及ぶ事とする。
目次〈論文要旨〉95
一、問題の所在 95
二、部派仏教における中有論の概略 95
三、中有の唯名的定義 96
四、原始仏教における中有 97
五、部派仏教における中有論の発展 98
六、婆沙論における中有論の問題 99
七、中有説の理証 101
八、中有説の教証 105
九、中般捏槃と中有の存在証明 105
十、印度思想史上のガソダルバ 106
十一、数論の微細身と中有 108
十二、中有思想の宗教的意義 109
十三、結論 110
ISSN02865661 (P)
DOIhttps://doi.org/10.18963/chisangakuho.39.0_95
點閱次數65
建檔日期2023.03.31
更新日期2023.04.07










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
668104

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽