網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
『梵網経』註釈史の研究=Studies on the History of the Commentary of Fanwang-jing
作者 李忠煥 (著)=法長 (au.)
出版日期2018.01.18
頁次226
出版者花園大学
出版者網址 https://www.hanazono.ac.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料類型博碩士論文=Thesis and Dissertation
使用語言日文=Japanese
學位類別博士
校院名稱花園大学
系所名稱文学研究科
畢業年度2017
目次凡例 1
序論 5
1 研究の目的 5
2 先行研究の概観 6
3 研究の方法 7
4 研究の概要 8
本論 11
第1章 智顗の『菩薩戒義疏』の戒体論について 12
1.1 はじめに 12
1.2 先行研究 13
1.3 智顗の戒体論と仏性観 16
1.3.1 智顗の戒体論について 16
1.3.2 智顗の仏性観について 24
1.4 「三因仏性」からみた『義疏』の戒体論 29
1.5 終わりに 33
第2章 智顗の『菩薩戒義疏』と元暁の『梵網経』註釈書の比較研究 35
2.1 はじめに 35
2.2 先行研究 37
2.3 戒体論の比較 39
2.3.1 智顗の戒体論 39
2.3.2 元暁の戒体論 41
2.3.2.1 『要記』の戒体論 41
2.3.2.2 『私記』の戒体論 44
2.4 科文の比較 49
2.4.1 『義疏』の科文 49
2.4.2 『私記』の科文 55
2.5 『義疏』と『私記』の註釈比較 59
2.6 終わりに 64
第3章 元暁の『梵網経』註釈書と法蔵の『梵網経菩薩戒本疏』の比較研究 66
3.1 はじめに 66
3.2 先行研究 67
3.3 戒律観の比較 71
3.3.1 元暁の戒律観 71
3.3.1.1 『要記』の戒律観 71
3.3.1.2 『私記』の戒律観 72
3.3.2 法蔵の戒律観 76
3.4 犯戒に対する無犯の分析 82
3.4.1 元暁の犯戒の判断 82
3.4.2 法蔵の犯戒の判断 85
3.5 教判と「瑜伽戒」の引用 89
3.6 終わりに 92
第4章 太賢の『梵網経古迹記』に関する一考察 95
4.1 はじめに 95
4.2 先行研究 97
4.3 太賢の菩薩戒観 100
4.4 『梵網経古迹記』の科文 107
4.5 『梵網経古迹記』の特徴 115
4.5.1 『瑜伽論』の引用 115
4.5.2 「梵網戒」の解釈 120
4.6 終わりに 127
結論 130
付論 『梵網経』の「十重戒」における智顗・元暁・法蔵・大賢の比較 136
ABSTRACT 211
参考文献及び略語 217
點閱次數103
建檔日期2023.04.10
更新日期2023.04.10










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
668468

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽