網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
新国訳大蔵経 中国撰述部 1-3 史伝部:続高僧伝 I
作者 吉村誠 (譯註)=Yoshimura, Makoto (Translate and Annotate) ; 山口弘江 (譯註)=Yamaguchi, Hiroe (Translate and Annotate)
出版日期2012.09.01
頁次432
出版者大蔵出版
出版者網址 https://www.daizoshuppan.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
叢書名新国訳大蔵経 中国撰述部
叢書號3
資料類型書籍=Book
使用語言日文=Japanese
附註項底本: 『大正新脩大蔵経』(大正新脩大蔵経刊行会刊)
索引あり
1: 巻第1~6
關鍵詞僧侶; 仏典; 経典
摘要中国仏教の第一級史料、全訳註!
第1冊目の本書には、経典翻訳に携わった僧侶の伝(訳経篇)と、講説や註釈など教理究明を主とした学僧の伝(義解篇)を収める。
〈『I』収録の主な伝記〉
菩提流支・真諦・彦_・玄奘・梁武帝 他〈訳経篇 初~四〉
梁三大法師(僧旻・法雲・智蔵)・曇鸞 他〈義解篇 初・二〉

七世紀中頃に成立した『続高僧伝』三十巻は、南山律宗の道宣(596-667)が当時の文書や碑文の記録、伝聞等を渉猟して著した仏教史の第一級史料である。本書は、皇帝菩薩と呼ばれた梁武帝の治世から、浄土教・禅宗黎明期の北魏(曇鸞・達磨など)、天台大師智_が出た陳・隋を経て三蔵法師玄奘の唐初まで、この中国仏教全盛期に活躍した高僧たちの伝記を集成したもので、列伝体の形式を採り、訳経・義解・習禅・明律・護法・感通・遺身・読誦・興福・雑科声徳の十篇から成る。
『I』は巻第一~巻第六の訳註であり、翻訳に従事した訳経僧の伝〈訳経篇〉、教理究明に努めた学僧の伝〈義解篇〉を収録する。不遇の中で貴重な経論を訳した真諦三蔵、中国に居ながら梵語に通じてインド人僧の翻訳を支えた彦_、史実としての玄奘三蔵のシルクロードの旅、梁武帝と三大法師(僧旻・法雲・智蔵)ら梁朝の学僧、道術を極めた後に浄土教へ帰依した曇鸞ほか、祖師たちが苦悩の中で道を求めた姿を描き出す。

道宣撰「続高僧伝」30巻のうち巻第1〜6ならびに序を訓読し、註を付す。経典翻訳に携わった僧侶の伝(訳経篇)と、講説や註釈など教理究明を主とした学僧の伝(義解篇)を収める。
目次訳経篇(初〜四)(梁揚都正観寺扶南国沙門 僧伽婆羅伝1;梁揚都荘厳寺金陵沙門釈宝唱伝2;魏北台石窟寺恒安沙門釈曇曜伝3 ほか)
義解篇(初・二)(梁揚都安楽寺沙門 釈法申伝1;梁揚都建元寺沙門 釈僧韶伝2;梁揚都建元寺沙門 釈法護伝3 ほか)
ISBN9784804382036; 4804382038
點閱次數58
建檔日期2023.05.15
更新日期2023.05.15










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
670762

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽