網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
『華厳五教章』を読む
作者 竹村牧男 (著)=Takemura, Makio (au.)
出版日期2009.11.20
頁次304
出版者春秋社
出版者網址 https://www.shunjusha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料類型書籍=Book
使用語言日文=Japanese
關鍵詞法蔵; 華厳五教章
摘要『成唯識論』が仏教認識論の極致であるとすれば、『華厳五教章』は仏教存在論の極致である。中国華厳宗を大成した賢首大師法蔵の主著で、華厳宗の根本的な綱要書でもある『華厳五教章』のうち、事事無礙世界の様相を示す六相門や十玄門について説かれた「義理分斉」章を中心に解説した本格書。自己と他者とのホリスティックな関係性を究明した仏教の縁起的世界観は、広く、量子力学から、社会学、環境問題などの現代的なテーマにも応用可能なものとして注目される。

事事無礙法界の様相を示す六相門・六玄門を詳説した義理分斉章を中心に解説,華厳哲学の真髄に迫る。

華厳思想を体系的に詳述した華厳宗の根本的な綱要書『華厳五教章』。その核心である、十玄門と六相門の論理(「義理分斉」章)を中心に、事事無礙法界の関係性の論理構造をあますところなく解説。

賢首大師法蔵の主著で華厳宗の根本的な綱要書である『華厳五教章』のうち,とくに核心となる六相門や十玄門について説かれた「義理分斉」章を中心にわかりやすく解説。
目次まえがき

第一章 華厳思想の意義について
第二章 『華厳五教章』(全十章)について
第三章 別教一乗の構造-「建立乗」第一について
第四章 五教十宗の教相判釈-「教義摂益」第二から「分教開宗」第四まで
第五章 『華厳経』の独自の立場-「乗教開合」第五から「施設異相」第八まで
第六章 華厳の三性説および縁起観-「義理分斉」第九についてⅠ
第七章 十玄縁起の法門①-「義理分斉」第九についてⅡ
第八章 十玄縁起の法門②-「義理分斉」第九についてⅢ
第九章 六相円融義の法門-「義理分斉」第九についてⅣ
第十章 「所詮差別」第十の概要について
ISBN9784393112960; 4393112962
點閱次數51
建檔日期2023.08.02
更新日期2023.08.02










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
678395

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽