網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學相關連結
 


加值服務
書目管理
書目匯出
鎌倉仏教
作者 佐藤弘夫 (著)=Sato, Hiroo (au.)
出版日期2014.01.08
頁次272
出版者筑摩書房
出版者網址 https://www.chikumashobo.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
叢書名ちくま学芸文庫
叢書號サ30-1
資料類型書籍=Book
使用語言日文=Japanese
附註項第三文明社1994年11年刊の文庫化(レグルス文庫 1994年刊の再刊)
鎌倉仏教をもっと知りたい人のために : 参考文献: p235-240
参考文献: p262-263
關鍵詞仏教; 日本; 歴史; 鎌倉時代
摘要革命的宗教はいかに誕生したか?
宗教とは何か。それは信念をいかに生きるかということだ。法然・親鸞・道元・日蓮らの足跡をたどり、鎌倉仏教を「生きた宗教」として鮮やかに捉える。

法然、栄西、親鸞、道元、日蓮、一遍―彼らを開祖として鎌倉時代に相次いで勃興した新たな宗教運動は、日本思想史上の頂点をなすと広くみなされている。「鎌倉(新)仏教」と呼ばれるこの潮流は、民衆を救済対象に据えたという点において、とりわけ高く評価されてきた。だが、新仏教の意義は、はたしてこの民衆的性格に言い尽くされるのか?本書では、旧仏教との異同を深く掘り下げて考察することで、鎌倉仏教の宗教的特質の核心をあざやかに浮き彫りにする。思想家である前につねに実践の人であった偉大な宗教者たちの苦悩と思索の足跡をたどり、中世仏教の生きた姿をとらえた好著。

鎌倉新仏教の意義は、民衆的性格に言い尽くされるのか。旧仏教との異同を深く掘り下げて考察することで、鎌倉仏教の宗教的特質の核心をあざやかに浮き彫りにし、中世仏教の生きた姿をとらえる。
目次第1章 法然の旅
第2章 聖とその時代
第3章 異端への道
第4章 仏法と王法
第5章 理想と現実のはざまで
第6章 襤褸の旗
第7章 熱原燃ゆ
第8章 文化史上の鎌倉仏教
ISBN9784480095916; 4480095918
點閱次數36
建檔日期2023.10.20
更新日期2024.01.10










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
684640

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽